意外なプレゼント

幼いころから動物が大好きだったわたし。
親に叱られて泣いているとき、こんな時そばにいてくれる犬がいたらなあ…と考えていたものです。
しかし、我が家はペット禁止のマンション。犬とのあこがれの生活はなかなか実現しませんでした。
それでもいつか映画で見た、「クリスマスのプレゼントを開けたら中から子犬が…!」というシチュエーションにあこがれて、サンタさんに子犬をお願いしてみたこともありました。(届いたのは二番目にお願いした色鉛筆でした 笑)
少し大人になり、やっぱり犬を飼うのは無理だな、とあきらめていたころ。
生まれてから14回目くらいのクリスマスがやってきました。
サンタさんはわたしではなく2つ下の弟に、意外なプレゼントを持ってきました。
朝起きて、ちらっと横目でクリスマスツリーの下にプレゼントボックスが置いてあることを確認して…
先に包みを開けた弟が「うわー!」と大歓声。
見てみると、そこには水槽が。…水槽?
中にいたのはなんとリクガメ。サンタさんからペットが送られてくるなんて!!
そのリクガメは「メリークリスマス」から「メリ」と名付けられ、我が家の一員になりました。
悲しくて泣いていてもそばにいてはくれないけれど、のんびりした雰囲気にいつも癒されるようになりました。
ところが次の年の夏、事件が起こりました。
家族旅行で軽井沢へ遊びにいき、メリに外の空気を吸わせようと公園で放してみました。
興味津津で歩き回るメリをほほえましく眺め、お弁当を食べようとちょっと目を離すと…
いない!メリがいない!
どこをどう探してもメリがいません。そう、失踪してしまったのです。
家族みんなで探しまわったけれど、見つからず…
結局空っぽになった水槽を持って帰宅することになりました。
こうしてわたしの初ペットは1年でいなくなってしまいました…
カメは長生きだから、軽井沢で今も元気にしていてくれればいいなあ。